2009/8/29

分類ごとの男性生殖器病気  女性、男性生殖器

分類ごとの男性生殖器病気

時代は変わり、現在では老若男女を問わず男性の重要な臓器や機能として認識し、その病気を正しい知識で適切に対応することが常識になっています。たとえば、男性は年をとると夜トイレに起きる回数が増え、排尿に時間がかかるようになるものだと思われてきました。

しかし、実はこれは前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)などの前立腺の病気であり、適切に治療すれば若い時と変わらない状態にまで回復することが社会的にも認知されるようになってきました。また女性に特有の病態とされる「更年期」は、男性にも似たような状態があり、「男性更年期」という考えも最近出てきました。

男性生殖器の仕組みとはたらきは、子孫を残すための男性側の仕組みといえますが、理解のためのキーポイントは、男性生殖器は、精子をつくり成熟させ、またその通り路であり、体外へ出す仕組みである。男性生殖器は、尿路系(腎臓で尿がつくられ体外へ出す仕組み)へとつながる。したがって、病気の症状や広がりも腎.尿路系とオーバーラップ(重なり合う)することが多い。
0

2009/8/29

植物の生殖器  女性、男性生殖器

植物の生殖器

生殖器(せいしょくき)とは、有性生殖を行う動物において、生殖活動に直接関係する器官のこと。雄(男)と雌(女)でそれぞれ異なる生殖器がある場合、それぞれを分けて、雄性(男性)生殖器、雌性(女性)生殖器と呼ぶ。より広く、生物一般の生殖にかかわる部分を呼ぶ場合も多い。

種子植物の花は、生殖器であると言われる場合がある。種子植物の生活環は入り組んでいるので見かけ通りではないが、見かけだけで話をすれば、生殖細胞は花粉と胚珠に当たり、それぞれ雄蕊の葯と雌蕊の子房で形成される。

雄蕊にはその下に柄である花糸が、雌蕊にはその先端に柱頭があり、花にはこのほかに花びらや萼などの構造があるが、いずれも花粉の核と胚珠を接触させるための構造と見なせる。種子植物の場合、生活環の内で有性生殖に絡む部分が花に集約されているが、それ以外の植物や藻類では、まとまって生殖器であると指定できる部分を持つものは少ない。
0

2009/8/29

男性と女性の性感帯  性感ヘルス

男性と女性の性感帯

性感帯は、男性と女性、両方にいえることで、体の中で性的刺激を感じるのにとても敏感な場所です。体の中で殆どの部分が性的に敏感であると言っても過言ではありません。特に、あなたが相手と性的に親密になる時には。しかし、場所によっては、かなり敏感です。性感帯は、人によって場所が違いますが、一度、相手の性感帯がどこだかわかれば、よりいいセックスをできるようになるので安心してください。

もちろん、女性器は、性感帯と考えられています。これは、本当のことで男性についてもいえることです。彼女がゆっくりとあなたのパンツの中に手を入れていくことを想像してみて下さい。どうやったら興奮しないでいられましょうか。

しかし女性に関しては、彼女の体のほとんど、どの部分への刺激でもかなりの興奮に結びつきます。殆どの女性が胸を触られたり、耳たぶを軽くかじられたりするだけでオーガズムを迎えることができます。更に、女性は、彼女達の皮膚に触られることにとても敏感です。しかしながら、結局は女性器が一番感じる性感帯であり、クリトリスが特に一番感じる性感帯と言えます。
0

2009/8/29

ポルチオ性感  性感ヘルス

ポルチオ性感

肝心なことって書いてないと思いませんか。知りたいって思う事実は男性誌のほうが依然優位にたってますよね。残念なことです。そんな折、加奈はとある男性誌で「ボルチオ性感帯」なるものを発見しました。「Gスポット」「クリトリス」は知っていても「ボルチオ性感帯」は知らなかった! あたしとしたことが…。迂闊だったわ。

しかも「ボルチオ性感帯」が最も感じられて、何度も絶頂を迎えたあとのエクスタシーでは失神するほどだとか!

ボルチオ性感の気持ちよさは..深〜い幸福感! ボルチオの感じ方は、クリトリスやGスポットとは異なり、直接的な性的刺激の感覚ではなく、もっと深い幸福感を得られるような刺激だそうです。通常、膣の奥は神経が少なく多少の刺激ではそこだけ感じるというものはありませんが、ペニスの挿入によっての圧迫感から、次第に受け入れている幸福感を感じますね。その幸福感が、ジワジワと体全体に伝わって、さらに深〜い幸福感が体中に染みてくるそうです。う〜ん、奥が深そう...。
0

2009/8/29

フェラチオについて  フェラチオテクニック

フェラチオについて

女の子に対しては、もう、ボクも舐めまくりますよ。 これもまた、「愛」と「スケベ」の両方の気持ちを込めて、 ひたすら舐めるし、吸うし、飲むし、もうもう、 相手の全部を食べてしまいたいくらいの気持ちになって、 ひたすらクンニをします。好きな気持ちって、自然とそういう 行為になって表れるものだと、ボクは思います。

だからといって、これはあくまでボク個人の考え方なので、女の子によっては、それをするのが好きではない子がいることも 分かります。舐めるのが嫌いな子、舐められるのが嫌いな子もいます。 要するに、愛し合う2人にとって、フェラチオとは、 「あれば愛が潤うけれど、なくても構わない」ものであると 定義できるものではないかと思います。

そして、ここから先が男のわがままな部分なのだれど、 「本人はあまり好きではないのにしてくれている」っていうのは、 気持ちよさも半減してしまうんです。 フェラをするのが好きな女性っていうのも、少なからず、います。 そういう人にしてもらうと、男はますます気持ちよくなってしまうのです。 「好きな人のおチンチン舐めるの、だーいすき」という女の子が 世の中に増えてくれることを望む小林です。 勝手なこと言ってんな?
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ