2009/11/18

ビデオ撮影の小技  ビデオカメラ持ってますか?

新年会や忘年会、同窓会や送別会などなど、ビデオカメラの活躍の場が結構あります。こうしたところで参加者をまんべんなく撮るにはどのようにすればよいのか、そのポイントをまとめてみました。まんべんなく参加者を撮るには宴席の参加者をまんべんなく撮る場合は、宴のタイプによってポイントがあります。

たとえば、新年会や忘年会など気心が知れた参加者が多い場合は、デジタルカメラでスナップを撮るように、2、3人ずつのアングルでおさえせておきましょう。このとき、ズーム操作は行わないようにするのがコツ。自然に会話しているような雰囲気で撮ると、その場の雰囲気が伝わってきます。

また、ビデオカメラにはデジカメ機能も搭載されている機種が多いので、これもうまく活用したいもの。たとえば、参加者全員の全体写真を撮るときなどは、写真を撮る前後をビデオでおさえておくと、わいわいがやがやとおもしろい映像が撮れたりします。宴席に限らず、家族旅行などでもそうなのですが、カメラマンの姿はなかなか撮ってもらえないものです。また、宴席でビデオカメラ担当だと、ゆっくりと飲んでもいられないもの。
0

2009/11/18


私はビデオ撮影しています。主人が撮る役です。主人は初めビデオなんて要らない!と言っていましたが、娘が産まれると自分から進んで購入すると言い出しました。我々夫婦は毎日娘の成長を見られますが、両家の祖父母は見られませんよね?だから、両家に遊びに行った際には祖父母にビデオを見せています。すごく喜んでくれますよ^^ 
 
それから、義父はすごく機械好きで、主人の幼い頃のビデオ(8mmカメラより前のビデオカメラ)映像を見せて頂きました。可愛くって感動しましたよ〜。娘が大人になってビデオを見せてあげる日が私は今から楽しみです。ご夫婦でビデオは必要ないとお思いでしたら、無理に買う必要はないと思います。ビデオなんて無くても問題ない物だと思います。ただ、うちは買って良かったと思っています。確かに上の子(小学生)は最近イベント位しか撮らないし、撮りっぱなしで撮れてるかチェックする位です。

でも24時間365日撮ってる訳じゃないので、録画してる時は画面越しだとしても、日々の表情はしっかり自分の目にも焼きついてるし!私の両親も当時(30年前)はビデオを持ってる人が少ない時代から私達兄弟を撮影し続けてくれました。当時の声や仕草は私にとっても宝物で残してくれた両親に感謝してます!

0

2009/11/18

ハイビジョンの家庭用ビデオカメラの使用  ハイビジョンの家庭用ビデオカメラ

民生用は望遠が苦手ですので(玉換え出来ない上、レンズ構造を小型化されているから)被写体に近い分には良いでしょうが寄ったとしても、本体が小さいですので、軽すぎてブレブレになりますのでいちいち三脚を立てている時間がない、待ったなしの報道やロケにはショルダーの方が断然安定しますので小さすぎる・軽すぎるのは逆に使いづらいことにも繋がります。

他にも、ドラマや映画と違って、ロケや報道には音声さんをカメラマンがやることもしばしばありますので外部マイクが付けられ、チャンネルを分離出来たり、音量を調節出来るプロ機が必要になってきます。それに、信頼性の問題もあります。収録終わって何も映ってなかったなんて、すみませんで済まされることはありませんから

きちんと媒体にデータを記録してもらわなければなりませんし、タイムコードも正確に記録してもらわないと困ります。しかし、取材の現場では、ショルダー担いで、集音と照明をばっちり持ってこられる対象者が引いてしまうこともありますから、そういうものに関しては、HDVが取って代わっていることがたくさんありますし、普通のロケでも、サブカメラはほとんどHDVが使われていると言っても過言ではありません。それに、小さくなくてはならない、潜入取材やタレントさんに渡すときは、民生用ハンディーがそのまま使われています。

0

2009/11/18

家庭用ビデオカメラの機種  ハイビジョンの家庭用ビデオカメラ

フルHDを扱える民生機が普通に運動会で使われていることに、数年前までは想像も付きませんでした。さて、それならそれだけ性能差が縮まって、しかも民生用の方が手のひらに収まるぐらいに小型・軽量化されていて報道やロケ等、フットワークの軽い番組にはもってこいじゃないのかとお思いになるかと思いますが答えは「ノー」です。

まず、民生用とプロ機の違いは?というところですが、まず耐久性が物を言う現場ですので家庭用のたまにしか撮影しない機器と、毎日何時間も走ったり、ホコリや雨に晒されたり、ガンガンぶつかったりする環境を想定されている機器とでは、構造上も造りもかなり違ってくると思います。現に以前の主力であったベーカムは、あちこちボコボコで色も剥げていますが、今も現役で使えています。

さらに、民生用は望遠が苦手ですので(玉換え出来ない上、レンズ構造を小型化されているから)被写体に近い分には良いでしょうが(近くなるとワイコンが必要ですが寄ったとしても、本体が小さいですので、軽すぎてブレブレになりますのでいちいち三脚を立てている時間がない、待ったなしの報道やロケにはショルダーの方が断然安定しますので小さすぎる・軽すぎるのは逆に使いづらいことにも繋がります。





0

2009/11/18

百均でビデオカメラをガード  旧ビデオカメラどうしてます?

最近、気がつけば、身の回りの雑多な品々の多くが、百均で購入したものだということはありませんか? でも、あんなものから、こんなものまで百均にあるのだから、仕方ないですよね。マイブームとしては、やすらぎシリーズのCDでしょうか・・・。ビデオグッズも、きちんと百均の洗礼を受けております。なかでも、ソフトケースは大ヒット。そもそものは、ノートパソコンの持ち歩きようにいろいろと購入したのですが、その余ったケースを使い始めたのがはじまり。

いまでは、目的別に色を換えたりして、いくつものソフトケースが揃っています。値段も100円だから、もう1つくらいあってもいいや、と、ついつい購入してしまうのですが・・・。しかし、このソフトケース、なかなかの代物で、カメラは傷つかないし、バックに他の品物と一緒に無造作に入れて持ち運べるので、重宝しています。

とくに、いま利用しているソニーのHDR-HC3などは小型がウリなので、ヒョイっとバックに入れて外出し、あれこれビデオメモするのに大活躍しているのですが、こうした使い方には取り出しやすさがなんといっても大切です。でも、百均のソフトケースなら、口を開けたままでも持ち運べるので、使い勝手も抜群です。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ