2010/3/2

売りから入る??  

225先物取引では売りからも入ることができますし、買いからも入る事ができるというのが225先物取引の特徴でもありますよね。
株などを行っている人は買いからも売りからも入ることができる225先物取引の特徴についてなんとなく不思議に思う方もいるかもしれません。
普通に考えて買いから入るのが取引の普通の流れであるからだと思います。
売りから入る、という意味はどういう意味でしょうか。
買いから入る意味はどういうものかはご存知の方が多いでしょう。
売りから入るというのは決められた価格で売ります。
普通に考えて売るにはなにかを買わないと売るという取引にはつながらないような気がしますよね。
ですが、225先物取引に関しては買っていないものを売るということができるのです。
売った時の価格よりも下がった場合、そのときは買戻しということを行います。
買戻しの際に価格が下がっていた場合は利益が発生するということになります。
また、反対売買というものがありまして、225先物取引では反対売買が最終日までに行われるのです。
そして先ほどからお伝えしているように売買が行わなければSQといって強制的に価格が清算されるというしくみになっています。
225先物取引は普通の取引よりも特徴がたくさんありますので、それを強みとしてうまく活用すると良いでしょう。
そのためには色々な知識を持つことが必要ですが、理解してしまえば簡単だと言われていますので、これで利益を出すことができるようになると面白いでしょう。













PR
宍戸式携帯アフィリエイトマニュアル【携山】 宍戸尚貴 口コミ

中古ドメイン、期限切れドメインを根こそぎ取得!SEOに効く、オールドドメインハンター 楠山高広 口コミ

特別モニター販売!被リンク強奪!中古ドメイン活用&再生ツール「オールドドメインマスターツール」 田中智一郎 口コミ

アドワーズマスター菅野浩二の1億稼いだコンテンツマッチ広告徹底講座ノウハウパッケージ 口コミ




0
タグ: 口コミ

2010/3/2

限月には気をつけよう  225先物

225先物取引の限月は4種類あるそうです。
限月とは取引の終了がいつなのかというのをあらわしているものを言います。
この限月が4種類あるのですが、225先物取引では3,6,9,12月の4種類の月とのことです。
ちなみに向こう5限月は取引が可能な月となっているようです。
清算日に関しては限月の第二金曜日がそれにあたるそうです。
限月はそれぞれの限月になります。
「SQ]というのがあるそうですが、これは何かといいますと、先物取引では取引の期限が決まっているそうです。
この期間内に取引が行われなかった場合、清算価格で強制的に売買されてしまうそうです。
このことを「SQ」と言うそうです。
そして取引時間がありますが、取引時間は先物取引の場合、日経平均採用銘柄よりも10分ほど長くなっているそうです。
日経平均採用銘柄の場合は取引時間は15分ほどのようですが、それよりも10分ほど長いということは25分ほどあるということになりますね。
225先物取引の立会時間に関しては前場は9時から11時、後場は12時半から15時10分、大納会や大発会の場合は9時から11時10分だそうです。
225先物取引は流動性が高いということで知られているようです。
理由としては世界中のいろいろな投資家が売買を行っているということもありますが、CMEといってシカゴ・マーカンタイル取引所などに上場しているということも大きな理由のひとつだそうです。
また、シンガポール証券取引所にも上場しているとのことです。














PR
■ZERO-SENN〜ゼロセン〜■ 0万→1000万までの利益直撃追求型戦略 及川夏彦 口コミ

ブックメーカー投資ツール『プロフィットキング』 英国政府公認の世界的大規模産業 ブックメーカーで稼ぐためのツール アルゴリズム研究所田崎 口コミ

【ABC48】〜お金をかけずに1000アクセスを集める待望のアクセスアップツールがついに登場!〜 齊藤丈弘 口コミ

ドロップシッピングのための専用ホームページテンプレート(コンプリートパッケージ) 伊藤貴文 口コミ



0
タグ: 口コミ

2010/2/28

リスクのおさらい。  225先物

メリットばかりではないのが225先物取引です。
投資ですので、やはりリスクもつき物だといえます。
ここで改めてリスクについておさらいしておきたいと思います。
メリットを勉強しておくことも大切ですが、リスクをきちんと理解しておかなければ成功にはつながりにくいものです。
リスクをきちんと知ってこそ、儲けを出すこともできるのではないでしょうか。
225先物取引のリスクとはいくつかありますが、まずは注意点として覚えておきたいのは取引で大きな利益が得られることも期待ができるのですが、損をした場合、これも大きくなってくるということを覚えておきたいものです。
ハイリスクハイリターンであるということです。
というのも、225先物取引は直接金銭のやり取りではなく、証拠金を証券会社に預けて取引をしますよね。
そこで少ない資金でも大きな取引が可能ということでありますが、そういったシステムだからこそ、利益を出したときはたくさんの利益が、損失を出したときはその分大きな損失が出てしまうということです。
日経平均株価の動きをもとに相場が変動しますが、元本や利益が保証されていないということもありますので、場合によっては証拠金を割り込んだ損失、またはそれよりも大きく上回るほどの損失が出てしまう可能性もおおいに考えられるというリスクがあります。
225先物取引では利益を保障しているわけではありませんので、こういったリスクをあたまに入れておく必要があります。











PR
安心・安全・ストレス無し 日経225先物完全自動売買プログラム ウルトラリベロ 中邑匠 口コミ

Direction225 石川博 口コミ

プラチナ・ナンバーズ!5回以内に当選番号を表示しなければ、全額返金できるソフトを開発したのですが、あなたには必要ないですか? 関貴行 口コミ

異常指数から高配当レースを狙う!【百萬$ステークス】 服部昌治 口コミ
0
タグ: 口コミ

2010/2/28

レバレッジとは。。。  

まだ225先物取引のメリットや特徴はあります。
レバレッジが使えるというメリットです。
レバレッジとはたとえばFXの投資や投資について勉強している人はレバレッジについての知識があると思いますが、225先物取引などの投資において初心者であればあまり知っている人はいないかもしれません。
レバレッジが使えるというのは少ない資金での投資が可能ということです。
これはやはりメリットのうちに入るかと思います。
そしてレバレッジというのは何かといいますと、実際の資金を超えた金額を取引できるというものがレバレッジと呼ぶものになります。
ここがやはり株式投資と違うところでして、株式投資の場合は資金よりも超えた金額を取引できるということはまずありません。
ですが225先物取引においてはそれが可能というところが魅力でもあります。
そして最後にメリットとして挙げられるのは満期があるということです。
株式投資やFXというのは期限が決まっていませんが、225先物取引は期間がきちんと設けられています。
取引期間というのは長くても1年3ヶ月となっています。
ですが、多くの人たちは短期での取引を行っているそうです。
ここで気をつけたいのはマイナスになった場合、これは損失が大きくなる可能性が非常に高いというところが欠点でもあります。
自分が投資した金額よりも損失が上回る可能性はおおいにあるということだけは念頭においておくべきです。
100%完全にリスクがないというわけではありませんので、勘違いをしないようにしておきたいものです。













PR
The Power of CHI!気の力で人間改造自由自在!中国武術の奥義“気功語(CHI)〜人生を変えるノウハウ〜 山田豊治 口コミ

【インフォトップ公認】ホームページ作成DVD講座 初谷優 口コミ


【マドセンス】 株式会社ピエラ・カンパニー 口コミ

スリッページとポートフォリオに特化した日経225先物取引向け次世代型自動売買トレードシステムQUATTRO 株式会社夢丸 口コミ


0
タグ: 口コミ

2010/2/16

225先物取引と数年の情勢  

225先物取引のメリットと特徴は銘柄を選ばなくても取引ができるというメリット以外にあるでしょうか。
ほかにはリスクが少ないという点もメリットです。
ここでのリスクというのは倒産企業というリスクのことをいいますが、株式投資のように企業に対しての投資であれば当然チェックをしていたとしても倒産のリスクはつき物です。
とくに今のご時世ですから、企業側に何があってもおかしくない時代です。
個人投資家では企業の倒産までチェックできるかというと難しい点はあるかと思います。
そうしたことが株式投資のリスクにもなってくるのですが、225先物取引ではそういったリスクが少ないということが大きなメリットにつながってくるでしょう。
株式投資のリスクとしては倒産以外に企業側の不正などもリスクに入りますね。
何を行っているか細かい点まで調べるには限度がありますが、225先物取引ではそういった難関を抱えなくて済むので取引しやすいということではないでしょうか。
ここ数年の情勢をみていると、優良企業だと思っていた会社でも不正などが次々に発覚し、テレビで大々的に放送されるシーンを少なからずよく見かけると思います。
倒産という最悪な事態が起こらなくてもこうした不正が発覚することによって株価が一気に下がってしまい、投資家は大損をしかねないのです。
数年の間にも世間を騒がす大きな問題がありましたね。
投資にはリスクを覚悟の上で行うでしょうが、やはり損をするのは避けたいところであります。











PR
韓国仕入れ完全マニュアル 株式会社アイディーエル 口コミ

0.1%物件!? 物件を現地で見極めろ!『ヒアリングテクニックを学べ』 今田信宏 口コミ

225ブレイクショット※7割の営業日で機能 株式会社アセットアールディ 口コミ


0
タグ: 225



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ