いつか誰かまた求めるはず。私が前触れも無くある日突然死んでしまったならあなたは悲しみに暮れては毎晩泣くでしょう。その腕で終わらせてそらさずに最後の顔焼き付けて見開いた目を優しく伏せて。裸のまま泳いだ海。 私を想って。愛されるはず。例えば何かがあって意識さえ無い病人になってあなたのくちづけでも目覚めないならお願いよ。 骨埋める場所なんていらないわ大事にしてたドレスも写真立ても、ひとつ残らず焼いて。そうなったら幸せでいて。そして灰になったこの体を両手に抱いて風に乗せてあの海へと返してください。 二人で行くはずだった島と夜景の綺麗な坂道叶わぬ明日の地図を見て自分を責めるでしょう。だけど、私の誕生日だけは独り、あの丘で泣いて。そして灰になったこの体を両手に抱いて風に乗せてあの海へと返してください。

2009/9/4

詩的生活  

ぶっちゃけてしまうと、当時は毎日疲れすぎて二度目の引退を決意して泣き続けだった。「一人前は慌てないんだよ」って。見つけ出していつも愚痴を聞いてエデンを勧めてくれた。頭が悪いバカじゃなくバカになって物事を楽しむバカだった。やりだすといつもの遊びが数倍楽しくなった。ううう、どうしてこうアホなんだ、と号泣しつつも指導をちゃんと覚えるよう頑張った。引退をしようと思いつめていた。

雰囲気とかもう最高だった。逃げられたけど超嬉しかった。なんか試験みたいでさ。おとーさんの言う一人前になることが密かな夢の一つだ。いつかはなれるかな。その雰囲気を作ろうとがんばてる努力を感じたりするから、暖かかった。前よりはおろおろしなくなったけど、やっぱりおろおろする。

おとーたんは今の神父をしてくれた。何故なら身勝手な人の後始末に追われていたから。ポカをすると「あちゃー」て思った。解散してしまって、友達のに行ったけどそこでもゴタゴタが起きていた。強いだけじゃなく優しくて誰よりも尊敬出来た。んでもってやぱしポカをクローズアップした。今まで入った中で一番だと思った。

八月に出会った当初いた時はそこまで喋れなかった。結構救われていたんだよ。そんでもってそれを楽しんでた。狩りに連れてかれる時は微妙にどきどきした。言葉が聞こえてくる。個人的にはの変身が超カッコ良かった。

0

2009/7/6

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2009/7/6

(無題)  

TEST
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ