2009/8/3

ポルチオ性感帯はどこにあるの?  ポルチオエステとは?

ポルチオ性感帯はどこにあるの?

ポルチオ性感帯は位置は膣の奥にある子宮口の入り口付近にあります。 膣口から子宮口にかけての長さは人それぞれです。また筋肉の塊といって差し支えない部位でもあるので、膣や子宮ってびっくりするくらい伸びるんです。 お産を経験したことがある人ならあの感覚がわかることでしょう。ですので、日によって膣口の閉まり具合も変わるし、膣道の狭さも変わるんです。もちろんポルチオ性感帯は子宮口への長さも若干変わります。

どこが子宮口かというと、中指を1本膣の中に入れてみましょう。 ぐっと奥の方まで突っ込んでみてね。するとコリコリとした触感の突起があるはずです。妊娠経験のない人はそこが固く閉じています。何度かお産を体験した人は、少し軟らかめですが。一般的に性体験の少なかったり、お産経験のないコリコリの強い人は子宮口を強く突かれると「痛い」と感じる傾向があるようです。

エクスタシーを感じたことがあってもクリトリス、 Gスポットでの快感が大きいという人は結構たくさんいるのではないでしょうか。体位でいうと高く足をもちあげ、彼の肩に足を掛けるスタイルの対向女性仰臥位、四つん這いになって腰を高く持ち上げるバックスタイルのような体位が奥までペニスが届きます。
0

2009/8/3

ポルチオ性感帯って?  ポルチオエステとは?

ポルチオ性感帯って?

女性の3大性感帯ってどこかちゃんとご存知ですか。クリトリスとGスポットは王道なのでご存知の方が多いと思われますが、 ポルチオ性感帯という名称は初めて耳にする方も多いと思います。クリトリスとGスポットでオーガズムを感じる事はもちろん出来ますがポルチオ性感帯はクリトリスとGスポット以上のオーガズムを感じる事が出来ると言われています。 ポルチオ性感帯を刺激される事で失神をしてしまう女性もいるらしいですよ。

ポルチオの感じ方、クリトリスやGスポットとは異なり、直接的な性的刺激の感覚ではなく、もっと深い幸福感を得られるような刺激です。通常、膣の奥は神経が少なく多少の刺激ではそこだけ感じるというものはありませんが、ペニスの挿入によっての圧迫感から、次第に受け入れている幸福感を感じますね。

その幸福感が、ジワジワと体全体に伝わって、さらに深い幸福感が体中に染みてきます。お産経験のない女性はその部分が大変硬いので刺激すると痛く感じるかも知れませんが、お産経験のある女性は経験のない人から比べると柔らかくなる傾向にあるようです。
1

2009/8/3

肥満原因  肥満の手術治療

肥満原因

原因としては「過食よりも遺伝子が重要な役割を果たしている」という認識が、研究者の間では前提となりつつある。「体は一定の体重を保とうとする機能」がある。そして、ある人にとって望ましい体重は遺伝子によって決定づけられる。したがって、その人が太っていてもそれは「本人にとっては正常な状態となっている」という。

他には、肥満になる親と同じ食事と同じ生活習慣をさせられた子は、親と同じく肥満になる事が多い。逆に、親の肥満を見て健康体へ強い意志を持ち正常体型の子も居る。また、遺伝的要因については、20世紀終わりにレプチンというホルモンがエネルギーの消費増加と食物摂取量低下をもたらすという説が発表された。その後、肥満に関係した多くのホルモン様物質が発見されており、脂肪組織は、単なるエネルギー貯蔵庫ではなく、内分泌器官と考えられるようになってきており、それらホルモン様物質の多くは炎症に関係している。

単純性肥満で一番問題となるのは、その代謝疾患.心血管疾患への影響、即ち、メタボリック(インシュリン抵抗性)症候群であるが、1993年、ホタミスリギルは肥満とインシュリン抵抗性の間に炎症(TNFα)が介在することを突き止め、最近のいろいろな遺伝子操作による動物実験では、身体計測上の肥満や内臓脂肪ではなく、脂肪細胞の肥大化.壊死とそれを冠状に取り囲むマクロファージ(炎症性細胞)の集積が、炎症とインシュリン抵抗性をもたらし、これがメタボリック症候群の病態の基礎となっていることが次第に明らかにされてきている。
0

2009/8/3

肥満と生活習慣病  肥満の手術治療

肥満と生活習慣病

生命保険会社の調査によると「肥満者は短命」という結果が出ています。また、中高年者に問題となる生活習慣病は肥満の人ほど多く発症しています。また、食べ過ぎや運動不足の生活が長期間にわたって作り出されたものが「肥満」です。肥満自体も生活習慣病といえます。肥満は「積み荷オーバーのトラック」の状態で、常に多くの臓器に負担をかけています。最近、代謝面からも肥満が多くの病気に関連することが注目されています。

おなかの中の内臓周辺に脂肪がつくタイプの肥満で、生活習慣病との関わりが大きいとされています。中年太りでおなかが出ているタイプです。男性に多く、女性は更年期以降に増加します。内蔵脂肪は皮下脂肪よりも落としやすいことが特徴です。「かくれ肥満」とは、体重は正常であるのに、「体の中の脂肪組織の割合が多い状態」です。過度のダイエットや運動不足を繰り返すことにより、筋肉量が減って体脂肪が増えてしまう状態です。

また、体重の変化がなくウエストが増えた状態も「かくれ肥満」です。体重に対する脂肪の量が多いということはその分、ミネラル.タンパク質.糖質の比率が低くなっていて、大切な内臓のはたらきが衰えている可能性があります。スポーツ選手のように体重が重くても体脂肪率は標準である場合は、肥満とはいいません。筋肉は脂肪に比べ、単位あたりの重量が重いからです。

0

2009/8/3

低用量ピルの種類について  緊急避妊ピル

低用量ピルの種類について

低用量ピルの種類は、服用する期間によって、「21日タイプ」「28日タイプ」に分けられます。低用量ピルは、一周期分のピルが1セットとなって、1枚のシートに21個なり28個なりのピルがずらーっと並んだものを「1シート」と呼びます。シートの形や、ピルの並べ方は結構たくさん種類があります。例えば市販の風邪薬や頭痛薬のシートととは、印象が違います。


また、配合されている女性ホルモン(黄体ホルモン、卵胞ホルモン)の割合に、変化をつけていない一相式ピルと、数日ごとに変化をつけてあるニ相式ピル、三相式ピル、という種類のものもあります。避妊効果については、一相式、ニ相式、三相式ともほとんど変わりません。ただ、副作用が出やすいかどうか、という点では違いがみられます。吐き気などの副作用がみられるのは一相式、不正出血がみられるのは三相式、といった傾向があるようです。


ちなみに、低用量ピルというからには、「中用量ピル」「高用量ピル」という種類もあるのかな? と疑問に思いませんか。卵胞ホルモンの量によって分類されており、卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラムのものを「中用量ピル」、50マイクログラムを越えるものを「高用量ピル」と呼んでいます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ