船  

久々だ。

海がおいらを呼んでいる。

朝起きたら

「海!」

と、思っていた。

ためしにマリーナに電話してみた。

レンタルOK!

聞けば、ばーちゃんもちびBを見れるというではないか。

どこに行くかを告げず、

いかにもPTAでもあるみたいな顔をして、こそこそ〜

あ!

あっちゃまがいきなり帰ってきた!!!

何でだ〜。昼飯???

ないよ。

こっちも、こそこそ〜っと、用事あるみたいにして。

さすがに、いくらなんでもぢぶんだけ遊びに行くなんてちょっと気が引けるもんだ。


「2時くらいには帰れると思う。」

白々しい顔をしておいらが向かった先は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

瀬戸内海にぽっかりと浮かぶ無人島、左手には八栗山〜

ひとりっきりのクルージングである。

少々歌おうが、叫ぼうが

自由だ。。。

だれもおらん。

いい感じの引き波を立てて、どんどん沖へ出て行く。

これだからやめられん。。。

本当に久々のクルージングを楽しみ、帰路に。。。

沖は波が高く、とても子供を連れてはいけない。

なんとぜーたくな1人クルージング。

家に帰って聞かれもしないのに自白する。。。

「あんた、1人で?ひどい〜。おれも〜。」

というわけで、今度は一緒に行こーねー。といって終わる。

次はどこに行くかな。。。

おわり

4

さあさあ!  

明日はとうとう夏祭りだ。

今まで一生懸命頑張ってきた集大成となる日である。

今朝も早くから、テント設営、備品借り入れ、その他めちゃくちゃがんばった。

さあ、明日は無事に終わるだろうか。

もう、寝る!
1

あっというまに・・・  

もうなんていうか、半年もブログをさわってないなんて、

よくぞまあ、ログインさせてもらえたものだと、感謝に似たような、恥ずかしいような。。。

気がつけば夏。

実はおいら、今年からちびAのPTA役員など引き受けてしまい、とても多忙な毎日をすごしている。

なぜそんなに多忙なんか。。。

夏に一大イベントである祭りがあるのである。

それの準備に追われているのだ。

とはいえ、作業の大部分を占める作業は、今年からで経験も知識もないので、ただひたすら頭の整理を徹底し、看板、備品、標識等PCでデザインしながら、なおかつ抜けがないか。。

このような地道な作業の繰り返しである。

あ〜!要領のいい頭が欲しいっ!

 さて、なんでこれまたPTA役員なんて引き受けたんだろうか。。。

問題はここだ。

おいらもよく分からないのだ。

確かに、色んな理由をならべてみたけど、ちょっとやそっとでは開放される感じではなく、いつもウソを考えて歩いているわけでもなく、しかも無防備に不意打ち的に話をもちかけられ、もっと言うと、話を持ってきた人がこれまた、本来なら受けるべきでないような大変な状態の方なのである。

こんなに忙しい人でもがんばっている。その上、ものすごく申し訳なさそうだし。ぢぶんが同じ立場なら、多分性格悪いから

「おいらだってがんばってるんだから、おまいらもやれよなぁ〜♪」

とかいって、すねながら、かつにこやかに持ちかけていたかも。

断れないよぉ。。。

多分、なかなかなってくれる人なんていないんだろう。

とはいえ、生返事をして断るつもりでいた。(あ〜、このあたりがもうすさんでるよね〜♪)


なんだが・・・

断る?

何か、おいらの頭の中で

許さん!許さんぞ!!!一度ウン言うたことを、舌の根も乾かん間に断るんかい!!!このへタレ!!!

と、白だか黒だか分からんやつがもう一匹出てきておいらをしつこく勧誘するのである。


参ったなぁ〜。ああ、何であの時間あの場所を口なぞ明けて歩いていたんだろう。。。

あ、コッチが黒か。。。


でもぉ〜、話を持ってきたAさん(仮名:当たり前か。そんな名前のやつ、おるわけないな)去年も思わず感動して言ってしまったのだ。

「大変ですよね。。。○○な状態で大変なのに・・・。頭が下がる思いです。」

て、言った。確かに言った。

「頭が下がる〜!!重い!!」って言ったことにしようか。。。


おとなになると、不思議なことがたくさん起こる。

すまない、って思う気持ちを表すのに、実際何をして貢献するわけではないのだ。


そこらへん、いっつも葛藤する。

だから、軽はずみなこと言わないようにしている。

薄っぺらな言葉が自分の精神を蝕んでいるのだ。


断るのは断るので辛いのだ。

ハリの筵に自分から座りに行くんだ。


ハリの筵に座らない人もいる。


とまあ、短時間の間に様々なことが思い浮かんだ。

結局、虚構を作り上げるよりも、受けるほうがストレスにならん。



さて、なんでこんなになるのを拒むぢぶんがいるのか。。。

理由その1.おいらはまだあくなき挑戦をやめてはいない。

最近、やっと形になりつつあるおいらの仕事のことである。

これをないがしろにしてはいけないのである。

でも、圧倒的に時間を割かれてしまう。


あまり挑戦していることは口外したくないから、たとえ仕事といえどもとにかくひっそりとがんばるのが好き。

さあ、どうやって両立する???

時間は???

しかもおいら、試験中毒。その仕事には不可欠。


やったろ〜やんか。

というわけで、チビBがなかなか夜寝ないのも気にせず、眠ってからの何時間か、必死になった。

大きな山場が二つある。

もう絶望的だ。


なのだが、無事に乗り切ることができた。

あ〜。。。良かった。やればできるやん、すごい。こんなぢぶんをほめてやりたい。


もうぢぶんで褒めるしかないのだ。


ためらう理由その2.

苦手なのだ。。。単に。

どうしてまたPTA?っていろんな人に聞かれたので、こう答えた。

この引っ込み思案な性格をどうにかしようと思って・・・

ぶわっはっはっはっは!!!く、くるしー!!!


な〜ぜ〜わ〜ら〜う〜・・・?


本当だ。

おいらは初対面の人も苦手だし、人付き合いはもっと苦手だ。


しかし、おいらに必要なのは、

世間の人々が一体何を考えているのか。

どうやれば、広くそつなくおつきあいがスムーズに行くようになるのか。。。

を学ぶことなのである。


それにはPTAの役員さんくらいやるのがちょうどいいのだ。多分。。。


そういうわけで、後少し!

来週は多分死ぬほど忙しい。



最近のぢゃっくどん。。。

気がつけば10歳。。。

もう年寄りさ。

白髪もあれば、よたよたもする。

散歩はぼちぼちでいいみたいだし、でも食べるの大好き。


最近目だってがんこになった。

言うことだって多分聞かない。

だから、無駄な命令なんてしない。

そのかわり、どんなことにも耐え、無駄に言うこと聞かず、ここぞというときには、びっくりするくらいの機転を利かせる。

特に子供。

感心するくらい上手に遊んでくれる。

怒らない。

怒れないのでなくて、怒らない。

とくにちびB

ぢゃっくが大好き。一緒に寝ている。

毛まみれになって寝ている。

たまにぢぶんのお菓子を分けてやっている。

ぢゃっくは、手を傷つけないように、そろ〜っともらっている。

ちびAの友達にもとっても優しい。

一応監督はするけどね。

ぢゃっくにストレスを与えないために、ぢゃっくのスペースと子供たちを分けてはいるのだが、なぜかたまにちびBが入っている。まだ小さいので、くぐって入るくらい何でもないのだ。

 

 友達はみんなぢゃっくが気になるらしい。

今日はまだ触れなかったけど、次はよしよしできるかなぁ。

といってその日は帰るが、次回は必ずぢゃっくと触れ合うんだといってリベンジして、触れたといって大喜びして、一度打ち解けたらもう傍を離れない。

大きいから、黒いから?

ちょっと最初は怖いのだ。

よその犬だし、怖いだろうね。

無理してさわらんでええのに。。。と思いつつ、触れた触れたといって喜ぶ顔を見ているとぢゃっくが誇らしいのである。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ぢゃっくん、手おっきいねえ!

クリックすると元のサイズで表示します

いやぁ〜ほんまに 大きいわぁ!ぱしっ!ぱしっ!

クリックすると元のサイズで表示します

あれれ〜?手。好かんの?

おわり
2

久々です。  

ぢゃっくんにすっかりお世話になっている

今日この頃である。

クリックすると元のサイズで表示します

ちびBは、ちびAがいるといじられもしているが、

基本的には楽しいらしい。

ていうわけで

ちびAが幼稚園に行ってる間、めっちゃめちゃ退屈。

そんなときにひじょーに助かるのが・・・

ぢゃっくどん。

ちびBがこれまたぢゃっくに興味があってしつこく寄っていくし、頭を触ったり、あのでっかい鼻をつまんだり。。。

いずれ怒られそうだけど、

まったく意に介さないようなので、

いちおう監督の下、

一緒に遊んでもらう。

ぢゃっくはじつに軽快に、ちびBを飛び越し、ちびBはぢゃっくに飛び乗って、それをぢゃっくが驚かさないように、ことさらじーっとして、ちびBの動きをいっつも注意して、実に上手に遊んでくれている。

ぢゃっくどぉ〜ん!

ありがとー!

ご飯に手を突っ込まれて、挙句の果てに、食べ終わってなのに食器を持っていかれても絶対に怒らず、困った顔をして

めし〜、めし〜

の視線のぢゃっく。

もうあと少しで10歳になるぢゃっく。

この家で確立した役割が子守だなんて

思いもしなかっただろうなぁ。。。

というわけで、末永く

よろしくね〜ん♪

おわり
5

覚書???  

ぴたっと更新が滞るかと思えば、またまた更新だ。

覚書みたいにしてブログを使っている部分もあるのだが、

本当に忘れっぽいのでここにでも書くか。。。

おいらは口下手である。

口がうますぎるのもどうかと思うけど、

まあ多少なりとも、一般受けする話し方などしっていると、得ではないかなぁとか思う。

で・・・

数々の失敗をこなしつつも、

実践の人間関係もさることながら、

やっぱり書物にて勉強することも必要だとも思うので、

色んなホンを読んだ。

これについては実践とはりくらいの数の種類なので、大体のカテゴリーを書く。

とっても若い頃は

とっさに言い返す方法

的なホン。

で、もうちょっと年齢を重ねると

うまい反論の仕方

とか、

相手を怒らさずに自己主張する方法

とか。

で、もっともっと年をとると

聞き上手になるためには

とか、だんだんと自分の主張をするところから、年齢を追うごとに相手について研究する方向へとシフトして、最終的に心理学のホンがうちの本棚に並ぶ。

こうしてみると、歴代のホンを取っておくと、ホンのタイトルからしても思考パターンが変化していくことがわかって面白い。

相手を何とかしようと思うところから、相手を知るところへ行ったわけだ。

あ、間では、

相手にコントロールされない方法

とか

ディベートなんかもちょこちょこ入っている(笑)


で、最近とっても思うのは、このような実践&机上を経て

うかつにも

聞く耳もたない相手

精神状態がめちゃくちゃな相手

には、対峙するべきではない

っていう、とっても簡単なことを見落としていたなぁと思うのだ。


これは自分にも言えることで、

だれだってとんでもなく嫌なことが起こって、しかも被害者意識にさいなまれることだってあるわけで、そこらへんの言い分をだれにも聞いてもらうことができない、いわゆる

浮かばれない

っていう状態があると思う。

そんなところへ持ってきて、

説教とかされたら聞く気になるかなぁとか思うのだ。

しかし、みんなそんなに分かりやすい人ばかりではなく、特に仕事上ではひたかくしに隠す必要がある。

というわけで、相手に対しては

そんな状態にあるかどうかを行動や口調で見抜くことが少しでもできたら

ひたすら聞くだけにしておこうとか、あんまり接触しないようにしようかな思えるわけだ。

逆に自分が聞く耳持てない気分ならば。。。

なるべく他人と関わらないで良いよう立ち回りでもするかな。

それでもダメなら

割り切ってマシーンになるのか、

それとも、

クビ覚悟で早退でもするか。。。


どちらにせよ、

今日のこいつは異常者なんだ

今日の自分は異常者なんだ

は、一見投げやりな言い方に誤解されそうだが、心の中で思う分には

意外と相手に対する思いやりかもしれない.


こいつは多分聞く耳持つだろうとか、過剰な期待をされても相手は困るし

何でも聞きますよ的に相手に過剰に期待させても実際は違うわけだから相手も自分も困るし。

これは犬との関係にも言えると思うことで、


この犬は噛まないはずだ

とやってしまうと、

この犬のことを知らない人は、犬に過剰な期待をし、というより勘違いをし、犬が嫌がるかどうかを考えることをしばし忘れてたわむれ、で、噛まれる。

犬に対しては、何をされても噛んではいけない

という、酷な命令をしているのと同じで、これを我慢することが一体何になるのか分からないが、飼い主がやれというのでやる
では、ちょっとかわいそうだ。

と、色々、思ってみる。


噛んだ事がないという犬が噛んだ

っていう事件の何と多いことよ。

おわり
0




AutoPage最新お知らせ