決勝である

2012/3/14 | 投稿者: rgrfz

そして迎えた84-85シーズンには、とうとう欧州CC初優勝を果たす。このときの
決勝であるリバプール戦には“ヘイゼルの悲劇”という影が付きまとうが、内容自
体は、よく守り、ボニエクがPKを貰い、プラティニが決めるというユベントスにと
って理想的なゲーム運びであったといえよう。ちなみに、多くのタイトルを運びユ
ベントスの伝説となったプラティニは、個人としても加入から3年連続でリーグ得
点王に輝いただけでなく、3年連続バロン・ドール受賞という快挙を達成している。
1985年にボニエクがローマへ、タルデッリがインテルへ、1986年のリーグ優勝を最
後にトラパットーニ監督も去り、1987年にはプラティニも引退を発表した。

すき家、防犯強化で「試練」
鳥取ナシ価格下落 賠償請求へ
オリンパス、法的対応も検討
九電管内 冬に5%節電要請へ
ハウステンボス黒字化の理由
花王の中国事業 黒字化見通し
販売機会を 福島米をお歳暮に
東芝 防衛省に93億円求め提訴
イタリア国債利回り 再び上昇
東証の時間延長 メリットは



0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ